ALOHA★BREEZE

ハワイ発、美味しいものや犬の話、撮影・映像制作のエピソード、好きな映画や音楽の話、日々の出来事に感じたことなどなどを、写真や映像と共に気ままに更新。心地よいアロハブリーズをお届けできればと思います。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

「サユリスト」は永遠に不滅です

ドールキャナリーで開催中の
「Hawaii International Film Festival」。

山田洋次監督も吉永小百合さんの芝居も
今までそれほど興味が無かったのですが
浅野君が共演とのことで
これは見とかなきゃと行ってきました、
「母べい」。

20071031027fl00027viewrsz150x.jpg

注)ネタバレがあるかもしれませんので
未見の方は注意のこと。

感想…………小百合さん、きれいでした。以上。


なんてね。

第二次大戦前後のある家族の生活を描いた
所謂「反戦映画」です。
愛する人との別れなど泣けるシーンもありましたが
見終わった瞬間思ったことは
「どんな時代でも美人は得するんだなあ」。
天の邪鬼な俺。

吉永小百合さんってどんな汚れ役を演じても
やっぱり「吉永小百合さん」なんですわ。
高倉健さんも同じように何をやっても
「健さん」ですよね。

で、お目当ての浅野君、
決して芝居がうまいタイプの俳優さんではありません。
でも、存在感あって好きなんだな。
今回はかなり饒舌な役で楽しめました。

この映画の一等賞は何といっても鶴瓶さん。
おしゃべりで下品で鈍感な嫌なオヤジですが、
これがストーリーの中ではとてもいい役回りなんです。

他にも大滝秀治さん、笹野高史さんなど
さすが山田組、渋い役者さんが勢揃い。
相方曰く「映画らしい映画」でした。

実話がベースとなっている原作はこちら。
母べえ母べえ
(2007/12)
野上 照代

商品詳細を見る


作者の野上照代さんは黒澤映画のスクリプターや
プロダクションマネージャーを長く務められた方だそうです。

いやしかし、小百合さんは美しいー。
若い頃は何だかちょっと野暮ったくて
女性からの人気は今ひとつだったと記憶していますが、
年齢や経験を重ねて洗練されてきた良いお手本ですね。

いつまでも中年男性にとっての「永遠のアイドル」として
輝き続けて頂きたいものです。


スポンサーサイト
  • [No Tag]

[Comment]

NoTitle

  • notin 
  • URL 
  • at 2008.10.14 00:08 
  • [編集]
こんにちわ。

吉永小百合さんほんとに綺麗ですよね~
何食べたら、あんなに美しくなれるのか・・・・
品もあるし、なんか菩薩のようだわ~~

映画は「おはん」と「天国の階段」見ました^^
もちろん、寅さんのマドンナも見ましたよ!
小百合さんといったら、NHKの「夢千代日記」ですかね。
あの儚げな美しさに、母とすっかりはまって見てました。
タモリが小百合ちゃんはトイレに行かないといってましたが
信じてしまいそう~~~

NoTitle

notinさん
こんばんは。

演技がうまいというより
存在そのものが「女優さん」ですよね。
映画の中で小百合さんが泳ぐシーンがあるのですが
さすがクロール上手でしたよ。
夢千代ははまり役でした。

中年男性にとっては
「日本女性の鑑」はたまた「聖母マリア」
のような憧れの存在なんでしょうねえ。


Comment_form

管理者のみ表示。

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバックURL
http://alohapictures.blog91.fc2.com/tb.php/358-5f8b2cab

Menu

プロフィール ▼

Mutsumi

Author:Mutsumi
東京都出身、
幼稚園から小学生時代を関西で過ごす。
CM制作、TV制作会社を経て、
東京都赤坂にBIZ,Inc.を設立。
TV番組、プロモーション映像のプロデューサーとして
幅広い作品を手がける。

現在、ハワイ在住。
映像企画制作会社
Buddix, Inc.の
プロデューサー&ライターをしながらmellowな生活を送る。
趣味はスキューバダイビング、
ドルフィンスイム。

詳しくはカテゴリーから
about usをご覧下さい。

ご意見、お問い合わせは
bokabon76@yahoo.co.jp
まで。

2011/2/6
アメブロさんに引っ越しました。
http://ameblo.jp/buddix/

最近の記事 ▼

FC2カウンター ▼

ブロとも申請フォーム ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。